亘理で今が旬!郷土料理「はらこ飯」 - こころの染織

アメリカン・ブルーです。

今週、4連休を取っていた夫。

結果的には、月曜・火曜は会議のために出勤。。。

「水曜はどうしても一日遊ぶぞ〜〜」

期待していた日は、栗駒山へ紅葉を見に行こう!そう思っていたらしい・・・

ところが、生憎の空模様。

前日夜の雨が目の前の公園に水たまりを作っていました。

こういう日に登山をすると、足元が悪く・・・経験済みです。

紅葉見物は次週の休みに延期して、

「温泉にでも行ったら〜♪」

そう勧めて、亘理温泉と「はらこ飯」の企画を提案。

双方の気持ちが一致しました。

ルナも「私はどうするの?」

そんな視線が痛いので・・・とりあえず、一緒に行こうか〜  

夫の秋物の衣類をいつものお店で調達して、

確か、そこの店員さんが「亘理の出身よね?」

ということで、はらこ飯のおススメのお店を聞きました。

亘理と言えば、「はらこ飯」

この時期、町を上げてのはらこ飯・スタンプラリーも実施中。

先日、夫は植樹祭へ行ってその件も下見済み。

参加店舗は23か所もありました。

一押しは4号線バイパス沿いの「田園」と言う所だそうですが、

「う〜ん・・・この時間では平日でも行列してるし、観光バスも来るから・・・

『和風れすと 海仙』も良いですよ〜 そちらへ行かれたら?」

そのおススメで向かってみると、鳥の海PAから直ぐで、

12時少し過ぎで既に満席でしたが間もなく案内されて・・・

実質、30分ほど待って、待望の「はらこ飯」が運ばれてきました。

はらこ飯とは、「秋鮭の腹子」を使った郷土料理です。(旬は10月〜12月)

通常の鮭イクラ丼と違い、鮭の煮汁でご飯を炊いています。

その炊き込みご飯の硬さ・濃さ、イクラの味・量、鮭の風味・食感・・・

それらが、各店によって違いがあって、

食べ比べをしてみても良いような感じです。

このお店の特徴は、おこげ付きのはらこ飯。

確実に炊き込んでいますよ〜と言うことですね。

また、鮭の方もふんわりで、癖がなく、量的には多め。

男性でも十分満足の量です。

おススメ通り、とても美味しく頂きました。

食事の間、車で待っていてくれたルナのために海岸へ出かけました。

前回こちらを訪れた時よりも防潮堤は整備されていたし、

砂浜も綺麗でした。

もちろんですが、ルナは喜んで、

小さな子供のように、大波が来ると「きゃぁ〜〜っ」と走って逃げて、

また、波打ち際へ近寄って・・・・

空は曇っていましたが、そんな遊びに楽しい時間となりました。

このあと、わたり温泉・鳥の海で温泉に入りました。

久しぶりの43℃のお湯でした。

ルナは、海岸で遊んだので車の中でぐっすりだったようで、

寝ぼけ眼で、もう帰ってきたの〜

砂浜に咲いていた小さな花です。

調べてみると、ハマニガナという花のようです。

海辺のタンポポのような花ですが、地下茎で増えるらしく、

背丈がないので、波にさらわれないように・・・

植物の知恵なのか、しっかりと浜に根付いているようでした。

来週からは気温がだいぶ下がってきそうです。

海の風が気持ちが良いのもそろそろここまででしょうか〜