彼の予想

持ち家についてはまだローンが残っていた。

売るにしてもマイナス

どちらかが住み続けるにしてもさまざまな問題が出て来る。

奥さんは実家があってないような物で

奥さんの両親は毒親だった。

実家に戻る事は出来ないならこの持ち家に住み続けるか

アパートを借りるしかない。

そこは奥さんがどう出て来るかわからない。

それに離婚しないと言うかもしれない。

彼は

すんなり離婚すると思うよ。

俺に興味ないだろうし

今まで俺の意見が全部通ってたし

自分の意見ほとんどないから

何か言われたらそのままそうするって感じだよ。

と言っていたけど

いくらなんでも離婚の事はすんなり受け入れるわけがない。

お金のやりくりが下手だと言っていたけど

だったら余計に離婚はしたくないんじゃないのかな。

妊娠から子供が少し成長するまでは専業主婦だったけど

今はパートに出ているから収入はある。

扶養外せるくらいなら日数を増やして養育費も入れたら問題なく暮らして行けるだろうなと

そこは問題クリア出来ると思っていた。

まずは離婚を切り出さないといけない。

でも理由は?

何て言うの?

そこは私が決める事ではないけど

バカ正直に言うのだけはやめてねと言って

夫婦間でしかわからない問題点があるだろうと

彼に任せる事にした。

どのタイミングで言うべきなのかと話していたら

私が仕事中に彼から

今日話しがあるから後で時間ちょうだい。

って奥さんに言われた。

と連絡が入った。

え!?奥さん側から!?

何の話し!?

どう言う事!?

ソワソワして落ち着かない。

彼が

ちょっと話して来るね。

と言ってLINEのトークルームから消えた。

そこから2、3時間

ソワソワソワソワして彼からの連絡を待ちました。